まじょかふぇ! | 絶滅危惧種に指定された魔女達の、愛と苦悩と葛藤の日々を描きます

先輩風を吹かす

    先輩風を吹かす2




宿題後回しのキキ菜。

見かねたチーコさん指導するも同情してる。

そして衝撃の事実を知り怒り心頭!

うめ子に文句言っても仕方ないのにね~(^-^;

先輩風を吹かす21

ああ~、早く宿題進めてくれ~。

そして夜も早く寝ろ~。

そうは言っても、なかなか言うとおりになどならないのが子供です。

仕方ない、ここはもう実力行使である。

ゲーム機に規制をかける時が来たのだ。

ニンテンドースイッチは時間規制五時間。

五時間じゃ規制にならないだって?

黙っていれば何時間でも平気でやってる奴には相当こたえる規制
なのです(;´∀`)

プレステVitaは三時間規制。

ニンテンドー3DSは時間規制ができないので、ネット閲覧禁止。

いつもは近づきもしないのに今日は纏わりついて文句たらたら。

そしてプレステのほうは途端に解除されてしまった(◎_◎;)

今後もキツネとタヌキの化かし合いは果てしなく続くことであろう


にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by okokkeitarou on  | 12 comments  0 trackback

バッサリいっちゃう?

   バッサリいっちゃう




夏場は多い髪の毛が鬱陶しいうめ子。

おもわずポツリと独り言。

それを聞いてたニャンちゃんは。

もしかして通販マニア?

でも髪の毛切るだけじゃ済まなさそう。

バッサリいっちゃう3

高枝切りバサミって持ってますか?

当家にもあります(^-^;

この間枝を切ってくれと頼まれたので初めて使いました。

でも切れない・・・

力いっぱい握ったら操作不能になりました。

案外ちゃっちい。

今はチェーンソーの時代でしょ。

これも盛んに宣伝してますね。

お値段は安いもので二万円ほど。

因みにハサミは平均三千円~四千円くらい


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 16 comments  0 trackback

まじょかふぇ!日曜版初めて手を握った日 その六

平穏な時間が流れていた。

旅行の後はお互いの生活もあり、暫く会うことはなかった。

そして半年が過ぎようとしていた頃。

風の便りに聞いた話は自分にとってかなり衝撃的なものであった。

「彼女また入院なんだって」

また入院?

手術で取りきれなかった腫瘍が大きくなったらしい。

それって・・・

もともと腫瘍は良性で命に関わる事ではないと聞いていた。

その時初めて気が付いた。

私は悪く言えば騙されていたのだ。

周りの人間は知っていたようだ。

大人の事情?

しかし、誰もが悪意で私を騙したなどとは思っていない。

霹靂

自分が当事者でもそう言っていたであろう。

またあの辛い日々がやって来るのか。

想像したくもないほどの重くて暗い時間だ。

私は彼女が不憫でならなかった。

もう嫌だ、いつまで不毛な時間を繰り返すのか。

そんな事を考えていたら気が遠くなってしまって、思考能力も失せて
しまった。

そして先に見えていた希望の光が消えようとしていた。

それだけははっきりと見えていた。

消えてしまわないよう両手で風を遮った。

彼女も同じ思いであったに違いない。


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 15 comments  0 trackback

花火大会うんちく

   花火大会うんちく5



単純に花火大会はどこも一緒と思ってるキキ菜。

しかしそこにはいろんな事情が絡み合っている様子。

さすが富豪のナナパパさん。

五尺玉作らせたはいいけど打ち上げられる日はくるのか(^^ゞ

花火大会うんちく31

29日は墨田の花火大会ですね。

毎年言っている気がするのですが、花火大会は地方の方が断然
見ごたえありますね。

墨田の打ち上げ数は半端なく多いですけど小型しか上がらない。

安全面を考えれば致し方なしというところですかね。

新潟の花火は一度行ってみたいです。

花火の写真も一時期撮り歩きましたが、新潟と大曲は行ったこと無
いんです。

もう写真は撮りませんのでその際はゆっくり見学したいです


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 18 comments  0 trackback

寒くて青くなる

    寒くて青くなる3



浴衣で風鈴祭りに出かけたニャンとうめ子。

風情のある光景でご満悦のお二人さん。

おっと、ニャンちゃん風鈴落としてしまいましたね。

ご購入決定!

でも値段を見て青ざめるニャンであったとさ (◎_◎;)

寒くて青くなる31

先日ふらふらと某関東の三大師へ。

風鈴祭りが開催されてました。

涼し気な日本の夏の音がそこかしこに。

展示販売していたので価格を確認しながら見物です。

おおよそ二千円くらいが平均的なところでした。

しかし、薩摩切子は五万円の値が・・・( ̄▽ ̄;)

この差は物凄いものがありますね。

技術の差なんでしょうね。

先日江戸切子の作製場面をTVで観ましたが、とても繊細な手作業
で感心しました。

値が張るのは当然ですね


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 10 comments  0 trackback

カブト捕獲指南

    カブト捕獲指南2



こういうことは良く知っているおとっつあん。

言うとおりに探してみると、いるいるそこいらじゅうに。

ほうきで飛んで採集すればしこたま捕れる。

そんなに沢山のカブトはお店で買っていただきましょう。

カブト捕獲指南21

夏休みおとっつあん指南編第二弾(^^ゞ

子供に人気のカブトムシ。

常識では夜から明け方にかけて樹液を吸い、日中は土の中に
隠れている。

でも地中に隠れているのはメスが多い。

日中オスは木陰に身を隠していることも多いです。

もちろん全てがそうであるわけではないですけど。

昼間だって夜中に樹液にありつけなかった虫たちは木にたかって
ますよ。

まずは樹液を出しているコナラかクヌギの木を探し出すこと。

その周辺に潜んでるんですよ。

餌場の近くにたむろってるんです


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 18 comments 

川魚の捕り方

    川魚の捕り方




珍しく屋外へお出かけのキキ菜一家。

ここぞとばかりおとっつあんが魚捕り指南。

なるほど昔培った経験は無駄ではない様子。

しかしキキ菜の探っている石は勝手に動く・・・

あれれ、スッポンが釣れましたね、こりゃ高級品だ (;'∀')

川魚の捕り方3

TOKIOのザ・鉄腕!DASH!!でよく多摩川下流域の生き物を
捕獲する企画があります。

そこには在来種から外来種さまざまな生き物達が共存してます。

そして日本の名立たる在来種、スッポンも登場。

野生のスッポンが多摩川にいるんですね。

環境が良くなっていろんな魚たちが生きていける状態となりました。

通称タマゾン川。

ピラニアもアリゲーターガーも生息する川。

ピラニアは釣れるけどまだ人に噛みついたとか言うことは無いみた
いですね。

人的被害がないと放置ですからね、増えますよそりゃ~


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 14 comments  0 trackback

ニューうめ子

    ニューうめ子2




夏休み中のプール授業。

唖然とするキキ菜たち。

そこには見慣れたうめ子のスクール水着姿は無かった~

うめ子のスク水目的の見物料払い戻ししないと(;'∀')

ニューうめ子21

とうとう学校が夏休みに突入してしまいました。

今年から期間が一週間ほど長くなった。

プールや補習(-_-;)以外は家でゴロゴロ。

宿題は山ほど出ているらしい。
(見たくもない)

子供にとっては短く感じるかもしれないが、大人にとっては長すぎ
るほど長い40日間。

自主的に計画立てて思い出作りなどしてくれればいい夏休みに
なるんですけどね~

貴重な時間なのであんまり宿題とかで縛って欲しくもない。

自分の時代はそれほど宿題も出なかったし、あれやこれや期間
中にやりたいこと考えたものです。

でもまあ、ほとんど何もできないうちに終わるんですよね。

最後の一週間はやっぱり宿題の追い込みだった気がする


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 14 comments  0 trackback

まじょかふぇ!日曜版 初めて手を握った日 その五

当家と一番付き合いのある親戚の協力のもと、予定や計画を
練った。

極力疲れないよう近場で楽しめる場所を選んだ。

参加者は三家族、総勢10名。

候補地はいくつかあったが、土地勘のあるつくば方面がいいだろ
うということになった。

夕食に誘ってから数か月が過ぎていた。

カジュアルな服装で現れた彼女は整形とリハビリでほぼ元通りの
表情を取り戻していた。

短かった髪の毛も伸びて、そこに違和感はもうなかった。

終始笑顔で周囲をほっとさせていた。

筑波山周辺を観光し、山腹にある旅館へ。

発案者なので司会を私が務めた。

余興も何もないのでビンゴを用意してあった。

早速夕食中にゲーム開始である。

そしてなんと一等賞に彼女が当選!

賞品は自分がロジャースで購入したチープなインスタントカメラである。

それでもとても喜んでくれた。

この時の笑顔は一生忘れることはできないだろう。

周りの人間もこの偶然におどろいていた。

「よかった、これだけでも来た価値はある」

その後も楽しい宴は続いた。

もう何も恐れることはないのだと思えたこの日。

翌日は筑波山神社でお参りした後にロープウェイで山頂へ。

その五

季節は初秋、少し色付いた楓がそよそよと風になびいている。

山頂からは関東平野が見下ろせた。

彼女は早速昨晩当たったカメラを持ち出し、撮影に勤しんでいた。

みんなこんな日々が続いてほしいと願っていた。

しかし、こんな日々が続くであろうと安堵していたのは私だけだった。


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 18 comments  0 trackback

最初のひとくち

    最初のひとくち2




ビアガーデンでジョッキ生。

今年の夏は暑いからこれが美味い!

最初のひとくち最高だ!

でもその後はなんだかテンション下がりまくり(;'∀')

最初のひとくち21

冷え冷えのジョッキ生、とても美味しいですね~

特に最初のひとくちがたまらない。

でもふたくちみくちと重ねるごとに。

テンションさがりませんか?

最後は苦いだけの飲み物と化している(-_-;)

ビール好きの方はこんなことにはならないのでしょうけど。

心底ビール好きでない私は最後の方は苦痛になってます


にほんブログ村

Posted by okokkeitarou on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。