まじょかふぇ! | 絶滅危惧種に指定された魔女達の、愛と苦悩と葛藤の日々を描きます

半分のスイカ

半分のスイカ1-1


半分のスイカ1-2


半分のスイカ2


半分のスイカ3


半分のスイカ4


半分のスイカ5-5


半分のスイカ6


半分のスイカ6


半分のスイカ8


続きはRead Moreより

Posted by okokkeitarou on  | 34 comments  0 trackback

34 Comments

荒ぶるプリン says...""
こんばんは

誰かに認めてもらえたり
がんばってるねといわれるだけで
大変なことが続いても、元気が出たりやる気が沸いてきたり
しますよね

おばあちゃんの素敵なアシストで
家族の絆も深まりましたね
2017.02.01 00:08 | URL | #- [edit]
ami says...""
okokkeitarouさん
こんにちは。
このお話しは本当に心に残りました。
また泣きました。笑

見えないところで、傷ついたり、悩んだり、
素敵な繋がりを持つと、ちゃんと切れそうになった糸を結んでくれる人がいるものです。
今日は、ShopAsahiyamaさんからの素敵なお話をありがとうございました。
2017.02.01 09:22 | URL | #- [edit]
Shop Asahiyama says...""
自分で書いたのに、再び泣いています…(笑)
とっても素敵に書いていただいて感動です。
あの時の私と息子とそして母がいて、今の状況があります。
この息子は今、全国の大会会場にいます。
自分の目的や希望が見つからずイライラ、ゴロゴロしていた、あの子がです。
人は何かのきっけかで大きく変わるものですね。

このタイミングでのこの漫画の発表はまさにokokkeitarouワールドなのかな~、魔法でしょうか。
私のブログでもリンクさせていただきます。
本当にありがとうございました。
この出来事を力に変えて、全国で頑張ってきます。
って、私が滑るわけじゃないのですが…えへ。
2017.02.01 09:48 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.02.01 12:29 | | # [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、荒ぶるプリンさん。

これは大人になっても同じですね。
例えば仕事だって注意ばかりではやる気が失せますね。
やはり良いところは褒めてやらないとね。

人間みんな同じ道を歩んできてます。
ただ忘れてしまっているだけ。
こういう機会があると思い出せますね。
2017.02.01 13:45 | URL | #- [edit]
みけ says...""
先ほど ShopAsahiyamaさんとこにお邪魔してきたとこです。
そこで この漫画が
ShopAsahiyamaさんからお聞きしたお話だった事に
ようやく気づいたという…
(年のせいか 忘れっぽいわぁ…(^^ゞ)
通りで デジャヴ感があった訳です(笑)i-201

子供はもちろん
親もまだまだ 半人前で
1個のスイカになれてないけれど
お互いに 少しずつ成長していくんだなと
あらためて思ったお話でした(●´ω`●)i-265

お話してくださったShopAsahiyamaさん
素敵な漫画にしてくださったokokkeitarouさん
おふたりに感謝です。
ありがとうございましたe-415

2017.02.01 16:18 | URL | #- [edit]
桃咲マルク says..."こんばんは~^^"
ほんと感動のドラマが一気に読めました!

お母さんもそして息子さんもお互いいっぱい頑張ってた。
お互い少し別の気づきがあったりって親子の間では
経験ありますものね。
で、またおばあちゃんのなんと素敵な言葉。
お母さんにも息子さんにも心が温かくそして
お互いの気持ちが一気につながる言葉。

なんと素敵なご家族でしょうか(*・・*)ポッ

また流れる曲もさらなる効果で涙出ました(´;ω;`)
みんな悩む時期あるんですものね。
こんな素敵な言葉が言える人でありたいと思いました。
okokkeitarouさんの素晴らしい漫画で想像画がさらに見えました^^
2017.02.01 17:43 | URL | #l7H4TccY [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、amiさん。

有難うございます、何といっても元ネタが素晴らしいので
イメージを壊さないようにしました。
なんとか纏まったでしょうか?

三代にわたるドラマでしたね。
こんな端的に表現できる出来事はそうはないです。
そしてまだまだこのドラマ、続いてるんですね。
2017.02.01 17:53 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、Shop Asahiyamaさん。

なんとか読める程度に仕上げられて良かったです。
この出来事が少なからずターニングポイントとなりましたね。
かと言って人間大きく変化するわけではないので、これからも
このドラマ続いていくのですね。

三男君いよいよ本番ですね。
結果はともかく無事に滑り終えて欲しいと思ってます。
素晴らしい台本、有難うございました。
2017.02.01 17:57 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、鍵コメさん。

感動いただきありがとうございます。
やはり共感できますよね。
2017.02.01 18:02 | URL | #- [edit]
冷凍SANMA says..."おこんばんは~。"
半分のスイカ。
何だかまた、じんわりと涙が出てきましたよ。

そうなのね~、認めてもらうということ。
嬉しいものだものね~。

okokkeitarouさんの構成力。
すごいなぁ。
2017.02.01 19:21 | URL | #o25/X8aE [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、みけっちさん。

あはは、ようやく繋がりましたか?
これはコラボ作品なんですよ(^-^;
でもその方が新鮮に見れたのかもしれませんね。

ほんの1~2時間の出来事に沢山の要素が詰まってますね。
こういう出来事ってそんなにないですね。
事実なので説得力があります。
人間は幾つになっても基本は変わりませんね。
子供から学ぶこともいっぱいございます。
ShopAsahiyamaさんには素晴らしい台本をいただけました。
2017.02.01 19:41 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: こんばんは~^^"
いらっしゃいませ、マリュクさん。

親子・・・更に母と子供の関係。
父と子供とではまた大きく違いますよね。
お互いに分かり合えない部分は山ほどあります。
どこでどういう事に気が付くのか、大切ですよね。
お婆ちゃんさすが年の功といいますか、いいキャラですね。
本質を的確に捉えていらっしゃる。

BGMがあると一味違いますよね。
その他いろんな表現方法を考えてます。
更に感情移入できるような作品を自分なりに目指してるんです(^-^;
2017.02.01 19:47 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: おこんばんは~。"
いらっしゃいませ、冷真さん。

感動できましたでしょうか?
有難うございます。
ほんとに出来の良い台本をお借りできました。

こういう作品は構成力がものをいいますね~
私なんかまだまだですよ~
拙い画力と構成力で申し訳ないと思ってるんです(~_~;)
2017.02.01 19:50 | URL | #- [edit]
mimiha says...""
なんとぉーー  音楽も絵も全部が素敵な響きアイで、以前の
このお話しを読んだ時の感動が再び・・素敵です^^
2017.02.01 20:19 | URL | #- [edit]
matsuyama says...""
こんばんは。初めまして。
私にも思い当たるところがあります。感動しました。
親子の繊細な心情は時には喧嘩のもとにもなりますものね。
人の感情を漫画で表現するのって大変でしょうね。
2017.02.01 22:30 | URL | #- [edit]
おこちゃん says...""
子供の気持ちと親としての自分の気持ち。
娘としての自分と母親との関係が
自分にも経験があります。
やはり 母の力は大きかったです。

この時の2年前の三男君が 全国大会へ。
大きくなりましたね。
感動です。

そして、okokkeitarouさん 大作でしたね。
再びの感動が甦りました。
このタイミングですから 皆さんでおうえんできますね。
2017.02.01 23:45 | URL | #- [edit]
あや野とり朗 says...""
「頑張ったことは必ず無駄にならないから」という
おばあちゃんの優しい言葉と表情が心にしみました。
いくつになっても、子供でも親でも、誰かに認めてほしいという
気持ちはだれにでもあるのですね。

スイカのまぶしいくらいの赤さや
静かな夜空の深い青
Shop Asahiyamaさんが当時見られていた風景を
そのまま追体験しているような気分で読ませていただきました。

自分のことではないのに、
なぜか懐かしい気持ちになりました。
素晴らしい作品を読ませていただき
本当にありがとうございました!
2017.02.01 23:48 | URL | #- [edit]
あおば映治 says..."ママのママは何でも知っている"
よかったですねえ、ほのぼのしました。
okokkeitarouさんの魂の入った作品ですね。

Shop Asahiyamaさんのブログを拝見したら、
なおよくわかりました。

三男くんは中学生で大人っぽくなっていても、
まだまだ子供、といってもママも精神的には
同レベルとおばあちゃんに言われてしまう・・・

ママのママは何でも知っている・・・

おばあちゃんの若い頃も同じだったのかもしれません。

今回は、おばあちゃんの救い舟の
半分のスイカで丸く収まり、
ママも三男くんも絆が深まっておばあちゃんも
うれし涙でしょうね。

でも、
三男に話しかける母は泣いていました。
なんの涙かわからないけれど、最後に私に こう言いました。
「あんたはこうして飛び出しても迎えに
来てくれる人がいるけれど、私にはいない」
私はその時「私が行くよ」とは言えませんでした。
言ってあげるべきだったのかもしれませんが言えなかった。
まだ心の中に溶けて消えていない何かが残っていたから。
これが最後まできれいに無くなる日がくるのかどうかはわからないけれど、でも今回ばかりは母に感謝です。

Shop Asahiyamaさんのコメントのなかに
あった言葉でマンガの中になくて、
そのほうがスッキリするのですが、

人は大人になっても、どんなに年老いても、
やさしさがほしいものなのだと、どこか
寂しさを感じているものだとと痛感しました。

2017.02.02 02:16 | URL | #- [edit]
baba says...""
とてもいいお話ですね~
この年になっても気が付かないことがたくさんあります
自分にも言い聞かせながら見せていただきました
ありがとうございました
2017.02.02 08:58 | URL | #- [edit]
cael says...""
家を飛び出すことは、よくあることです 笑

最近は無いけど、子どもに手がかかる、小さい時は
何度も 飛び出しましたよ。

そして
川へ行って 少し気持ちを落ち着かせながら帰宅してました。

ひとりよがりの努力なんじゃないだろうか と思う時もあります。
(それは今でも)

家も、母は誉める事も 手伝うこともありませんが、
でも やっぱり 母らしいというか。
母の心の底に
不器用ながらも愛を感じるんですよね。
2017.02.02 09:06 | URL | #VWU0hPas [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、mimihaさん。

コメントありがとうございます。
お話が素敵ですもんね。
何とか拙いながらも表現できて私も嬉しいです。
2017.02.02 14:31 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、matsuyamaさん。

初めまして、コメントありがとうございます。

主婦であれば少なからず似たような経験あるはずですね。
思春期を迎える頃は特に難しいですかね。
絵で感情を表現している時は、自分も絵と同じ顔してるんですよ(^-^;
感情移入できた方が描きやすいのです。
2017.02.02 14:35 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、校長先生。

子供にとって母は何歳になっても偉大なる母なんですね。
親の気持ちはどれくらいの年齢に達すれば理解できるんですかね。

そうそう、スキーの大会頑張ってほしいです。
みなさん今日あたりから現地入りなのかな。

素晴らしい台本があったので自分自身楽しませていただきました。
感情移入もできて比較的にスラスラ描けましたよ。
さあ、三男君がんばれ~!
2017.02.02 14:43 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、あや野とり朗さん。

お婆ちゃんのキャラが立ってますね。
どちらの肩も持ちつつ言い古された言葉だけど説得力もあり。
三世代が一瞬でも分かり合えた瞬間だったと思います。

Shop Asahiyamaさんが的確に文章に残してくれたので、
情景が自然と浮かび上がってきました。
自分の子供時代と被る部分もあり、みなさんそれぞれに
疑似体験もあり、共感できますね。

2017.02.02 14:55 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: ママのママは何でも知っている"
いらっしゃいませ、あおば映治さん。

人間誰しも同じ道を辿ってきてます。
子を持つ親御さんであればまた似たような体験も。
それにしてもナイスなお婆ちゃんです。
ほんとにみんなお見通しなんですね。
スイカは最終兵器だったんですね。

ブログへ訪問されたのですね。
細かいところまで読んでいただいたんですね。
有難うございます。
基本ブログ記事の文章のみを再現させていただきました。
2017.02.02 15:06 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、babaちゃま。

人間て忘れてしまう生き物ですからね。
その都度思い出しては後悔したりして。
でもそのほうが常に人生新鮮ですよ(^-^;
2017.02.02 15:09 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、カエラちゃん。

あはは、やっぱり飛び出すんですね。
一時的な放棄というか気晴らし程度のものなのか
男にはよくわかりません(-_-;)

ひとりよがり・・・
それでいいのだと思います。
だって本当のところは誰も分かってくれなうでしょう。

母は存在するだけで支えになってくれますよね。
大事にしてあげてください。
2017.02.02 15:14 | URL | #- [edit]
かのぼん says...""
いや~感動しました^^
おもしろいもんでね
自分でレコーディングした曲の歌詞って全部覚えてるんですよ
もちろん自分の曲は当然ですが
他の人の曲をレコーディングすると不思議と全部暗記できるんです
それと一緒で、この話もレコーディングさせていただいたので
セリフ、全部覚えていましてね
それだけに素直に心の奥までス~っと入ってきました。
この話、タイトルがええと思いません?
「半分のスイカ」
これがもし「親子ゲンカ」だったらどやったでしょう?
そこがみっちゃんのセンスの良さやったと思いますよ。
これ、映画作りたいわ~ ほんまに。

素敵なイラストをおきにね(^_-)-☆
2017.02.02 18:23 | URL | #- [edit]
おきまちあき says...""
こんばんは。お邪魔します。
皆さまがこのお話を形にしたいってわかります。
本当のお話だからよけい沁みますね。
素敵な絵とBGMでまた蘇り
心が温まりました(#^^#)
2017.02.02 22:42 | URL | #1vmtGO4c [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、カノボーンさん。

やはり真剣に歌っているから覚えるのでしょう。
セリフも全て憶えてましたか。
このお話はいつも輝いてますからね。
常に感動を呼び起こしますね。

タイトルは重要な要素です。
第一印象もここで決まりますもんね。
ただ考え込んだのではなく、すんなり出てきた
タイトルじゃないのかな~
やはりスイカがポイントですからね。
2017.02.03 14:20 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、チアーキさん。

そうですね、いろんな要素が凝縮されてるんです。
脚色など一切不要ですね。
BGMも最近よく使わさせてもらってますが
これで拙い演出を誤魔化してます(;´∀`)
2017.02.03 14:24 | URL | #- [edit]
桜ようかん says...""
こんにちは~(#^.^#)

半分のスイカ 
Asahiyamaさんの気持ち、息子さんの気持ち、おばあちゃんの優しさが
とてもよく表現されていて 良かったです~☆
最初、Asahiyamaさんの記事をよみ 
かのぼんさんの朗読も聞き

感動作品ですね(#^.^#)

2017.02.18 14:52 | URL | #- [edit]
okokkeitarou says..."Re: タイトルなし"
いらっしゃいませ、桜ようかんさん。

お褒めいただきありがとうございます。
台本がとても優秀なので、この感動をぶち壊さないように
気を付けました。

それぞれの表現でそれぞれ感動できますよね。
2017.02.18 16:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://soyokaze978.blog.fc2.com/tb.php/640-25cdc13d
該当の記事は見つかりませんでした。